転職は意味があるのか?転職するメリットやデメリットをご紹介

ビジネス

「就職したが、やりがい感じない」「就職先が思っているものと違っていた」など、一生懸命就職活動を取り組んだのに関わらず、転職を考えている方は近年増加しています。

今回は、転職するにあたってのメリットやデメリット、転職を考えている方におすすめな転職エージェントをご紹介します。

働く目的

 

「働く」理由は人それぞれ。「お金を稼いで生活を安定するため」「やりがいを感じるため」「社会貢献を果たし、目標を達成させるため」など、目的はたくさんあります。

それをモチベーションに仕事に取り組んだとしても、仕事が辛い時はその目的や意味を見出せなくなってしまい、転職退職を考えてしまう傾向があります。ただ、転職や退職は決して悪いことではありません。

もちろん、仕事を辞めて何も取り組もうとせずのんびりと生きていては、後に生活が苦しくなり、いざ転職しようとしても転職先が見つからないことになり得ます。重要なのは「自分には何ができるか、将来どのようなことに取り組みたいかを仕事先で見つけておくこと。」です。

大学時の就活では自分が何をしたいかを明確に決めている人はあまりいないでしょう。なぜなら転職したい人、起業を考えている人が年々増加しているからです。そのため、就職して一度社会に出ることで、将来を見つめ直すのもいいかもしれません。

転職するメリット

転職は、デメリットをイメージされている方が非常に多いと思いますが、もちろんメリットも存在します。ここでは、転職のメリットをご紹介しますので、ぜひ参考にして見てください。

年収の増加が期待!?

転職することで年収を大幅にアップさせることも可能です。転職によって収入をアップさせる方法が、給与水準の高い企業に転職することです。

IT業界などの企業は基本的に年収が高くなるため、転職すると年収を上げられる可能性があります。さらに、ベンチャー企業や中小企業から大手企業へと転職したときも年収のアップが期待できるでしょう。

また、転職後にスキルを身につけて自分のブランドを向上させることで収入アップさせることも一つの方法です。仕事内容によって向き不向きがどうしても発生してきます。その中で自分に適した業務が遂行できるところに転職し、実際に実績を作ることで収入アップに繋げられます。

人間関係の再構築

転職をすれば、仕事の業務内容だけでなく、環境も変わっていきます。環境にいかに短い期間で対応していけるかが必要不可欠です。そこで重要なのが、人間関係です。

転職の理由として人間関係での不安やトラブルが原因というケースもあります。そのため、転職して人間関係を再構築させ、新たなスタートを切ることでモチベーションの維持に繋がり、仕事に好影響を与えることができます。

また、人間関係の築きから新たな発見もできます。企業によって目標はもちろん理念が違いますから、考え方価値感をあらゆる視点で見出せることができるでしょう。

キャリアを再スタートできる

転職先によっては、今までの環境ではできない新たなスキルの取得も望めるため、自己成長にも繋げることができます。

お金や人間関係の他に仕事のやりがいも一つの転職理由としてあげられます。前職では仕事のやりがいを感じなかったものの、現職はやりたいことや貢献したいことが明確になっているためにやりがいを感じられ、楽しく仕事できているといったケースもあります。

また、仕事内容だけでなく仕事内評価もリスタートできます。仕事でうまくいかず、怒られてばかりで周りの評価が低い、思っているよりの自分を評価してくれない方でも、転職先では努力や結果で高評価を受けることができます。

福利厚生の改善

仕事選びに欠かせない一つの要素が「福利厚生」です。財務上お金に余裕があり、働き方改革に従事している大手企業は基本的に福利厚生が充実していることもあり、働きやすい環境で仕事ができるでしょう。

しかし、現に「残業しても残業分の給与が得られない」「土日も働かされる」といった場合が多いのが現状です。そんな企業から福利厚生の良い企業へと転職した場合は、快適な環境の下、仕事に取り組むことができます。

福利厚生は自分の力で変えることができませんので、転職して環境を変えることで改善してみるのがいいかもしれません。

転職するデメリット

新たな環境への不安感

転職するということは、新しい環境の下で働かなければならない中、仕事内容に限らず良好な人間関係を再度作らなければなりません。人間関係の築きや信頼関係は時間とともに形成されますので、すぐに築けるものではないでしょう。

また、働き方改革の面で企業が行っている注力している福利厚生はそれぞれ違いますので、少し不満や疑問を持ってしまうこともあります。さらには、人事からの評価も0からのスタートなので、初めから優遇されることはありません。

そんなことがないよう、しっかりと就職エージェントを使用し、自分にあった仕事を見つけることをおすすめします。

年収が減少

上記で挙げている転職のメリットの中で年収が上がると述べましたが、反対に年収が下がる可能性があります。年収は企業によって異なり、給与水準が前職よりも低い企業に転職した場合、もちろん年収も低くなってしまいます。

また年収が高い企業に就職したとしても、自分の思った通りに仕事することができなければ、評価がもらえないのと同時に収入アップも実現できない可能性もあります。

転職活動時にかかるお金と収入

このデメリットは転職した後ではなく、転職活動時のものになりますが、転職活動時は移動費宿泊費などでお金がかかってしまうと同時に収入源に困ってしまします。

ある程度の貯金があればその分余裕を持つことができますが、人によって転職先が決まるスピードは違いますので、財政面もしっかりと管理しておく必要があります。

また、仕事を辞めてしまうと、今まで会社が払ってきた税金を自分で払わなけれいけません。人によって転職活動時にかかるお金は異なりますが、約200万の貯金があればベストでしょう。

まとめ

今回は、転職におけるメリットやデメリットをご紹介してきました。

転職には、環境が新しくなる分キャリアを再スタートするいいきっかけとなります。前職でうまくいかなかったことや、人間関係に不安を持っていた場合でも転職することで改善されることもあります。

転職をして年収アップ、人間関係の改善を目指し、快適に仕事ができる環境づくりをしてみてください。転職先のおすすめな業界はこちらで紹介しています👇
https://lifestyle-value.com/1107/

コメント

タイトルとURLをコピーしました