資格を取ることに意味はあるのか!資格の種類やメリット、デメリットを紹介!

ビジネス

「就活で優位に立ちたい」「誰かに認めてもらいたい」「キャリアアップを図りたい」など、資格を保つことでモチベーションはもちろん、他の人よりも優位に立ったような気持ちでいられるように感じます。資格を取ることで、キャリアチェンジをすることも可能ですし、自信にもなるでしょう。

一方で、先を見据えず無闇に資格を取ることばかり考えて、参考書に手を伸ばしてしまうと勉強した時間が無駄になってしまうケースもあります。そんな方のために、どのように資格を取得すればいいのか、どんな資格がおすすめかをご紹介します。

*本記事では、筆者の観点で執筆しているものであり、それが真実とは限りませんので、あくまで参考にしてご観覧ください。

主な資格の種類

英語、漢字、秘書、日商、ITパスポートなど、数え切れないほどの資格が存在します。

  • TOEIC、TOEFL、英語検定…
  • 日商簿記、税理士、公認会計…
  • MOS、ITパスポート、基本情報技術
  • サービス接遇検定、秘書…
  • 医療事務、歯科助手、介護初任者研修
  • 通関士、貿易鑑定士
  • 食品衛生責任者、調理師、食品衛生責任者
  • 宅建、インテリアコーディネーター…….

業界に見合った資格を取得することで、就職が優位になりますし、キャリアアップも実現可能です。しかし、資格を取得するのは意味がないと考えている方も少なくないのが事実。資格を取得するために時間を削って勉強するわけですからね。

ではなぜ、資格を取得することをマイナス思考に考えている人がいるのでしょうか。資格を取得するメリットとデメリットをご紹介します。

資格を取るメリット

上記にも述べていますが、資格を取得することでモチベーションを上げることができますし、もちろん仕事や就活で優位に立つことが可能です。しかし、無闇に資格を取ればいいということではなく、自分が何を学びたいのか、将来何をしたいのかを考えながら資格取得を目指すことが重要になります。

就活に有利 

私も就活は経験済みですが、やはり存在感を高めるには他の人と違いを生み出す必要があります。インターンも違いを見せつける一つの手段ですが、インターンは就活の意識が高い学生が数多く行っていますので、そこまで違いを出すことはできないかもしれません。

しかし、資格を取得することで即戦力としてみられるようになり、履歴書や面接でアピールの材料として使用することができます。資格取得という他の学生との違いを見せつけることで、存在感をアピールすることができますし、資格取得の経過の頑張りは高評価に繋がります。ただ、無意味な資格は逆効果となる危険性が

資格を持っていたら就活に便利だからという理由で挑もうとすると、継続性に欠けて時間の無駄になってしまうことがあります。さらに、面接などで、その資格取得の理由や過程を聞かれた際に具体性に欠けていたら、逆にマイナス評価を受けることになりますので、注意しましょう。

勤勉さをアピールすることができる

就活のアピールもそうなのですが、仕事上でも周りから評価を受けることもあります。周りからの評価で、資格を取得した意味を実感でき、それが自信に繋がります。自信がないという方でも、その努力が買われると意欲的に仕事に望むこともありますし、何より精神面でのプラスになります。

資格取得は、突然消えるものではなく、生涯で自分の誇れるものとして残っていくものなのです。

キャリアアップやキャリアチェンジ

近年、転職したいという考えを持っている人が多いのですが、そんなに簡単にうまくいくものでもありません。資格を持っているだけで、キャリアチェンジキャリアアップを実現させることも可能です。

自分が将来何をしたいのか、その目標としているものにたどり着くには何をしなければいけないのかを考え、その目標にあった資格を勉強する人は非常に賢い考え方だと言えるでしょう。

自分はどんな資格を取得すればいいのかを逆算して考え、それをキャリアアップキャリアチェンジで活用してください。この資格があればなんとかなるという考え方はあまりよろしくないでしょう。勉強でのモチベーションにも繋がりますからね。

例えば、TOEICTOEFLも資格の一つですが、600点や700点を持っているという人は日本中どこでもいます。本当に英語を勉強したい人でも、readingを学びたいのか、speakingを学びたいのかでジャンルは違ってきます。ですので、自分の人生プランを具体的に設計してから資格選びをしてみてください。

資格を取ることにデメリットはあるの?

資格を取得すること自体にデメリットはないと思うのですが、唯一上げるとしたら時間費用でしょう。資格はもちろん、勉強しなければ取ることができませんし、費用を払わないとそもそも受けることさえできません。

その時間や費用が無駄になったと考える人は人生設計の具体性について考えていないからだと言えるでしょう。

そもそも、資格にはそれぞれ種類や難易度などが違います。難易度が難しい資格ほど評価されやすいということは決してありません。

周りの人に褒められるくらい…

自分がどの位置に立っていて、将来何をしたいのか、今取得することでどんなメリットがあるのかを考えて資格を取得することで意味があるのです。例えば、就活で志望している会社の履歴書に全く関係ない資格を書いても、人事の方はスルーすることもありますし、ましてや他の会社の方がいいのではとマイナス評価を受けることもあります。

また、資格を取得するだけで安心してしまい、そこから何も進歩させなければ意味がないと言えるでしょう。資格を取得するだけしてそこから何も広げなければ、せっかく勉強した内容を忘れてしまい、水の泡となってしまいます。

「資格には意味がない」「デメリットしかない」と考えている人もいますが、資格取得はやり方によってはメリットだらけですので、自分の人生に見合った資格選びをして、モチベーションを高めていってください。

まとめ

今回は、資格を取ることによるメリットやデメリットについてご紹介してきました。資格を取得することで、自分の人生の選択の幅を広げることができますし、高評価を受けてモチベーションの向上に繋がります。

資格選びには計画性が求められますので、計画性持って取り組んでください。

ヒューコ総合研究所

コメント

タイトルとURLをコピーしました