もう一生家事をしなくていい?お家での時短アイテム紹介①

ライフスタイル

仕事をして家に帰ってきて、自分の好きなことを始めようと思ったときに
面倒な家事に時間を取られたりして、1日の時間が短いと感じたことはないでしょうか。

仕事や子育てで忙しい人にとって時間は何よりも大切なものです。今回はそんな人達のために時間が作り出せるアイテムを原体験を元にして記事にしました。

時短はリビングに限らず、お家のいろんな場所で実践してこそ効果を実感できるので、
家の中を部屋ごとのエリアに分けてアイテムを紹介しています。

わずかな時間を積み上げていくことが大事なので、全てのエリアで実践することがおすすめですが、紹介した中の一部分だけでも試してみてください。時間にゆとりができる喜びを実感できるはずです。

玄関回り

まずは、玄関周りになります。意外かもしれませんが、このエリアにも時短できるポイントがたくさん隠れています。眠たい朝で家を出るときや疲れて帰ってきたときに、面倒くさい作業を排除しておくことは、生活のゆとりを生み出し、良い1日を過ごすことにつながります。

こうした皆が意外と気がつかない細かい行動を見直し、無駄なことを排除することが時短においては重要です。今回紹介するアイテムを導入することで、自分の生活がどの様に変わるのかを、意識して読んでみてください。それが時間を生み出す第一歩になります。

以下に、おすすめしたいアイテムを項目ごとに紹介していきます。

スマートロック

一つ目のアイテムはスマートロックです。これは一人暮らしの家でもオートロックで閉まるように設定でき、スマートフォンで鍵を開けられるため、朝と帰宅時に鍵を探す手間を省くことができます。

酔っていたり、疲れて帰ってくるときにオートロックにしておくことで鍵の閉め忘れの防止にもなります。注意点としては、スマートホンの充電が切れると家に入れなくなるため、ポータブルの充電器を持ち歩いておくことを推奨します。

靴べら

玄関回り2つ目は靴ベラです。意外と一人暮らしの家は置いてない人が多いのではないでしょうか。靴を履く時間に意外と時間をかかっている人は多いと思いますが、心当たりがあった人はすぐに買うことをおすすめします。

ついでに玄関に腰掛け用の小さな椅子を置くと、さらにスムーズに靴が履けます。玄関が広い家には置いてみると良いでしょう。こうした積み重ねが時間の余裕を生み出していくので、試しに買ってみると良さを実感できると思います。

ホワイトボード

玄関回り最後はホワイトボードです。玄関回りで一番起こるタイムロスは実は忘れものです。

忘れ物をした時は、出発して家から離れるだけ時間のロスが発生するので、玄関に忘れものを防止するための最終防衛線を張りましょう。前日帰ってきて次の日用意するものを書き出す癖をつけることが重要です。

洗濯エリア周辺

次に紹介していくのは、洗濯エリア周辺です。ここは大幅に時間が削れるエリアになります。また、家事が面倒くさいと言われる代名詞とも呼ばれる部分なので、まずはこの部分から時短していくのが良いでしょう。

ドラム式洗濯機

一つ目は、時短界隈の中ではかなり有名なドラム式洗濯機です。当たり前ですが、これを導入することで洗濯物を干す時間を削減できます。洗濯物で一番よくないのはため込むことです。乾燥機能がないと、どうしても雨の日や湿度の高い日が続くことでため込む原因となり、効率的に洗濯物を片付けることができません。大量の洗濯物は心理的にも、面倒くささを感じる人がほとんどだと思います。

そして、ドラム式を購入したらその流れで小さめのBOXを3つくらい買いましょう。それを洗濯機の上に置き、下着や靴下や小さめのタオルは直接そこに収納することで、無駄に下着や靴下、タオルを干す作業を削減できます。そしてハンガーにかける上着とかだけを干すようにしましょう。匂いや仕上がりが縦型よりも良いのもおすすめの部分となります。

同じ柄の靴下

2つ目は、同じ柄の靴下です。人類皆、経験したことがある靴下の片方を探す呪縛から解き放たれます。特に男性はシンプルな無地の靴下で良い人が多いのではないでしょうか。そこにこだわりがない人は、今はいてる靴下をすべて捨てて、同じものを7足買いましょう。意外とそれで充分だということに気が付くはずです。

また、洗濯物を取り込むときにも同じ柄であれば、見つけたものからペアにして収納できます。どの様にして家事を行う際に、迷っている時間や思考している時間を削り作業自体に没頭できるかが時短をする際の一つのポイントになります。

お風呂エリア周辺

最後に紹介したいエリアがお風呂周りとなります。お風呂は時短なんてせずに、ゆっくり疲れをとりたい人もいるかもしれませんが、その様な考え方ではなく、お風呂でリラックスしている時間を長く取るために時短することが今回の目的です。

お風呂で過ごす時間をきちんと分解して考えてみると、お風呂に浸かっている時間だけではないことが容易にわかります。そして、それ以外のことに意外と時間がとられていることに気づきます。今回はそんな無駄な時間を削り、時間を生み出す方法を紹介します。安心して快適なバスタイムを過ごすために参考にしてみてください。

湯沸かし用スマートスイッチ 

一つ目は、スマートスイッチとなります。これはお風呂場の湯沸かしボタンを押すためのものです。お風呂が沸くまでの時間は、かなりのタイムロスです。帰ってきたタイミングで湯に浸かれる様にするため、スマートスイッチで好きな時間に湯沸かしボタンを押してもらえる様に設定しましょう。

Amazonで数千円で購入できるので、試してみることをおすすめします。

顔と体兼用のボディソープ

2つ目は、顔と体兼用のボディソープです。最近では、髪もいけてしまうものもありますが、肌が敏感な方はここから始めてみるのがおすすめです。今までと変わらなければ、どんどん兼用にしてしまうとかなり時間を節約することができます。

お肌の手入れが苦手な人でも、体と一緒に洗ってしまえば、手間なく清潔感を保つことができます。こだわりの洗顔材などがない人には非常におすすめします。自分の好みの物が決まったらAmazonなどで定期配送便にしてしまうと良いでしょう。

擦らずに洗えるバス用洗剤

最後は、こすらずに洗えるバス用の洗浄剤です。こちらをお風呂から上がる前に吹きかけて最後にシャワーで流すだけでもお風呂掃除する回数を減らせます。気になる人はスティック型のブラシを買っておくのが良いです。しゃがまずささっと洗えてしまうのでおすすめです。

お風呂を毎日洗う癖をつけると、毎回新鮮な気持ちで快適なバスタイムを楽しむことができます。排水口など手強いところは入念に時間をかけ、その他大部分を効率よく掃除するために擦らず洗える洗浄剤を購入すると良いでしょう。

最後に

今回は、時短アイテムを玄関と洗濯周り、お風呂周りに絞って紹介しました。これだけ徹底して時短することで1日1時間でも時間の余裕を生み出せれば、年間にすると365時間好きなことに使える様になります。

紹介した内容にもありましたが、時短をするのに大切なことは、どれだけ細い作業を削ることに徹底できるかだと思います。普段からアンテナを張り、この作業が手間だとか、無駄だと思ったらすぐに解決するための行動に移しましょう。小さな努力が積み重なり、大きな時間を生み出します。

時は金なり、時間は自分の手で掴み取っていきましょう。

ヒューコ総合研究所

コメント

タイトルとURLをコピーしました